カテゴリー別アーカイブ: 健康食品の副作用

シリマリンの副作用


シリマリンの副作用:ミルクシスル(マリアアザミ)に含まれるシリマリンには、ごくまれにですが悪心・下痢・消化不良・腹部膨張感・満腹感・痛み・食欲不振・子宮出血などの副作用を引き起こす可能性があるようです。
シリマリンの副作用・効能などについてまとめてあります。

シリマリンの副作用 目次:

シリマリンとは
シリマリンの成分
シリマリンの効能
・シリマリンの肝臓・胆のう・脾臓への効能
・シリマリンの消化器系への効能
・シリマリンの癌(がん)への効能
シリマリンの臨床試験での効能
シリマリンの効能の科学的有効性
シリマリンの摂取量
シリマリンの摂取量上限(過剰摂取基準)・副作用・安全性
・ミルクシスル(マリアアザミ)を摂取してはいけない人
・ミルクシスル(マリアアザミ)の副作用
シリマリンの相互作用
・シリマリンの有害な相互作用
・シリマリンの有益な相互作用
シリマリンの用途
・治療用ハーブ
・サプリメント・健康食品
シリマリンとは・シリマリンの副作用・効能 参考文献
シリマリン サプリメント・シリマリン粒ほか、シリマリンエキス配合サプリメント・健康食品&シリマリンとは・シリマリンの効能・シリマリンの副作用 解説本&シリマリン配合ミルクシスル(マリアアザミ)サプリメント・健康食品☆通販

シリマリンとは:

シリマリンとはマリアアザミ・ミルクシスル・オオアザミ・オオヒレアザミ*と呼ばれるキク科オオアザミ属のハーブの種子に含まれるフラボノイドの一種で、脂肪肝・肝硬変などの肝臓の病気への効能が期待されるほか、二日酔い・消化不良などへの効能が期待されているファイトケミカルです。
*シリマリン関連健康食品ブログ:
マリアアザミの効能
ミルクシスルの効能
オオアザミの効能
オオヒレアザミ
シリマリンの抽出物(シリマリンエキス)や標準化されたシリマリンのサプリメントは、ドイツでは慢性肝炎・脂肪肝・肝硬変などの肝臓の病気の治療への使用が認められています。

シリマリンの成分:

シリマリンにはシリビニン(シリビン)・イソシリビニン・シリクリスチン・シリジアニンなどのフラボノリグナン類が含まれています。

シリマリンの効能:

シリマリンには次のような効能が期待されています。
(ただし必ずしも効能が科学的に確かめられているものばかりとは限りません)

シリマリンの肝臓・胆のう・脾臓への効能

・ドイツのコミッションEにおいてミルクシスルの標準化製品(シリマリンを70-80%含有するミルクシスル製品)が慢性肝炎・脂肪肝を含む肝硬変の治療への使用が認められている
・胆石症への効能
・黄疸への効能
・ミルクシスル煎剤・ミルクシスル チンキの肝臓・脾臓の病気への効能
・肝臓障害の動物実験でミルクシスルが抗肝臓毒作用を示すことが明らかとなっている
・脂肪肝を含む肝硬変への効能
・肝炎への効能
・肝臓の中毒症状への効能
・肝細胞再生への効能
・胆汁分泌促進への効能
・胆のうの不調への効能
・脾臓の病気への効能
・二日酔いへの効能
・慢性炎症性肝臓障害の治療に伴う中毒性肝臓障害への効能
・アルコール(酒)ほかの化学薬品による慢性肝炎への効能
・胆石への効能
・肝細胞保護への効能
※上述の肝臓・胆のう・脾臓の症状にシリマリンを用いる場合はシリマリンエキス サプリメント1-2カプセルを1日2-3回または医師の指示に従うこととされています。

シリマリンの消化器系への効能

・消化不良への効能
・ドイツのコミッションEにおいてシリマリン抽出物(シリマリンエキス*)が消化不良の治療への使用が認められている
*シリマリン関連健康食品ブログ:
シリマリンエキスとは

シリマリンの癌(がん)への効能

抗酸化作用による癌(がん)予防への効能

シリマリンの臨床試験での効能:

・アルコール性肝臓障害の治療の補助になるという点で、いくつかの研究でのシリマリンの効能が示唆されている
・脂肪肝を含むアルコール性肝硬変の症状改善へのミルクシスルのシリマリンの効能が、いくつかの臨床的報告で示されている
・ドイツのコミッションEにおいてシリマリンが配合されたミルクシスルの標準化製品が慢性肝炎・脂肪肝を含む肝硬変の治療への使用が認められている
・ドイツのコミッションEにおいてシリマリン抽出物(シリマリンエキス)が消化不良の治療への使用が認められている

シリマリンの効能の科学的有効性:

効能の有効性レベルB(一つの信頼できる調査において有効性を確認)
・肝臓の病気への効能
機能性食品素材便覧-特定保健用食品からサプリメント・健康食品までによる評価
効能の有効性レベル3(効能の可能性が科学的に示唆)
・他のハーブとの併用による胃のむかつき(消化不良)への効能
健康食品のすべて-ナチュラルメディシン・データベース日本対応版/同文書院による評価

シリマリンの摂取量:

シリマリンを上述の症状に用いる場合の推奨摂取量は以下のとおりです。
・シリマリンを70-80%含有するミルクシスルエキス(マリアアザミエキス*)250mgを1日2回摂取
・シリマリンを含む挽いたミルクシスル種子(マリアアザミ種子)10-15gを医師の指示に従い摂取
*シリマリン関連健康食品ブログ:
マリアアザミエキス(作成中)

シリマリンを含むミルクシスル(マリアアザミ)の摂取量上限(過剰摂取基準)・副作用・安全性:

シリマリンを含むミルクシスル(マリアアザミ)の摂取量上限(過剰摂取基準)は以下のとおりです。
・シリマリンを70-80%含有するミルクシスルエキス(マリアアザミエキス)250mgを1日2回まで
・シリマリンを含む挽いたミルクシスル種子(マリアアザミ種子)を15gまで
また参考文献にシリマリンの安全性や副作用の記述はありませんでしたが、シリマリンが含まれたミルクシスル(マリアアザミ)には次のような安全性や過剰摂取による副作用についての指摘がありました。

ミルクシスル(マリアアザミ)を摂取してはいけない人

次に該当する人はミルクシスル(マリアアザミ)を摂取してはいけないとされています。
・妊娠中・授乳中の女性
・ブタクサ・マリーゴールド・デイジーなどのキク科植物にアレルギーのある人
・子宮内膜症
・子宮筋腫
・乳がん
・卵巣がん
・ホルモン過敏性疾患の女性
・胆石
・胆のう疾患
・胆道疾患

ミルクシスル(マリアアザミ)の副作用

ミルクシスル(マリアアザミ)はごくまれに次のような副作用を引き起こす可能性があります。
・悪心
下痢
・消化不良
・腹部膨張感
・満腹感
・痛み
・食欲不振
・子宮出血

シリマリンの相互作用:

シリマリンの有害な相互作用

シリマリンには次の薬・サプリメント・ハーブ・食品との間に有害な相互作用があることが知られています。
エストロゲン
シリマリンはエストロゲンの代謝を促進して、エストロゲンの治療効果を弱めてしまう恐れがあります。
アルコール
アルコールはシリマリンの肝臓保護効果を無効にしてしまう恐れがあります。

シリマリンの有益な相互作用

シリマリンには次の薬・サプリメント・ハーブ・食品との間に有益な相互作用があることが知られています。
コリン
シリマリンをコリンと併用するとシリマリンの肝臓の病気、特に肝炎・黄疸・脂肪肝・肝硬変への効能が高まる可能性があります。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス250mgを1日2回摂取します。
グルタチオン
シリマリンをグルタチオンと併用するとシリマリンの肝臓の病気、特に肝炎・黄疸・脂肪肝・肝硬変への効能が高まる可能性があります。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス250mgを1日2回摂取します。
イノシトール
シリマリンをイノシトールと併用するとシリマリンの肝臓の病気、特に肝炎・黄疸・脂肪肝・肝硬変への効能が高まる可能性があります。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス250mgを1日2回摂取します。
メチオニン
シリマリンをメチオニンと併用するとシリマリンの肝臓の病気、特に肝炎・黄疸・脂肪肝・肝硬変への効能が高まる可能性があります。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス250mgを1日2回摂取します。
N-アセチルシステイン
シリマリンをN-アセチルシステインと併用するとシリマリンの薬物・化学薬品・毒物などで損傷した肝臓の治療への効能が高まる可能性があります。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス250mgを1日2回摂取します。
高コレステロール治療薬ロバスタチン
シリマリンには高コレステロール治療薬ロバスタチンの副作用で生じる肝障害から肝臓を保護する効能が期待されています。
スタチン系高コレステロール治療薬アトルバスタチン
シリマリンにはスタチン系高コレステロール治療薬アトルバスタチンの副作用で生じる肝毒性から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
関節炎治療薬セレコキシン(COX-2阻害薬)
シリマリンには関節炎治療薬セレコキシン(COX-2阻害薬)の副作用の肝臓への刺激から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
抗がん剤シスプラチン
シリマリンには抗がん剤シスプラチンの副作用で生じる肝毒性から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
高脂血症(脂質異常症)治療薬クロフィブラート
シリマリンには高脂血症(脂質異常症)治療薬クロフィブラートの副作用で生じる肝臓障害から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
抗ウイルス薬ジダノシン
シリマリンには抗ウイルス薬ジダノシンの副作用で生じる肝臓障害から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
高血圧・狭心症・心臓発作再発予防薬ジルチアゼム
シリマリンには高血圧・狭心症・心臓発作再発予防薬ジルチアゼムの副作用で生じる肝臓障害から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
スタチン系高コレステロール治療薬フルバスタチン
シリマリンにはスタチン系高コレステロール治療薬フルバスタチンの副作用で生じる肝毒性から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
抗ウイルス薬インジナビル
シリマリンには抗ウイルス薬インジナビルの副作用で生じる肝臓障害から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
スタチン系高コレステロール治療薬ロバスタチン
シリマリンにはスタチン系高コレステロール治療薬ロバスタチンの副作用で生じる肝毒性から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
スタチン系高コレステロール治療薬プラバスタチン
シリマリンにはスタチン系高コレステロール治療薬プラバスタチンの副作用で生じる肝臓障害・肝毒性から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
関節炎治療薬ロフェコキシン(COX-2阻害薬・非ステロイド性抗炎症薬)
シリマリンには関節炎治療薬ロフェコキシン(COX-2阻害薬・非ステロイド性抗炎症薬)の副作用の肝臓への刺激から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
スタチン系高コレステロール治療薬シンバスタチン
シリマリンにはスタチン系高コレステロール治療薬シンバスタチンの副作用で生じる肝毒性から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキス150mgを1日3-4回摂取することが推奨されています。
抗卵胞ホルモン剤タモキシフェン
シリマリンには抗卵胞ホルモン剤タモキシフェンの副作用の肝臓への刺激から肝臓を保護する効能が期待されています。
この場合シリマリンが配合されたミルクシスルエキスを1日200mg摂取することが推奨されています。

シリマリンの用途:

シリマリンには次のような用途があります。

治療用サプリメント

シリマリンの標準化製品・シリマリン抽出物(シリマリンエキス)が治療用サプリメントとして利用されています。

サプリメント・健康食品

シリマリンエキスを配合したサプリメント*やシリマリンエキスを粒状にしたもの(シリマリン粒)が健康食品として販売されています*。
*シリマリン関連サプリメントブログ:
シリマリン サプリメント(作成中)

シリマリンの副作用・効能 参考文献:

機能性食品素材便覧-特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで/薬事日報社
健康食品のすべて-ナチュラルメディシン・データベース日本対応版/同文書院
ハーブの安全性ガイド/フレグランス・ジャーナル社


シリマリン サプリメント・シリマリン粒ほか、シリマリンエキス配合サプリメント・健康食品☆通販
シリマリンの副作用・効能 解説本
シリマリン配合Yerba Primaミルクシスル・大塚製薬ミルクシスル・ネイチャーズリソース ミルクシスル・エクレクティック ミルクシスルほか、ミルクシスルエキス(ミルクシスル種子エキス)・ミルクシスル サプリメント・ミルクシスル チンキ剤・犬用ミルクシスル☆通販
シリマリン配合ミルクシスル ハーブティー☆通販