カテゴリー別アーカイブ: 健康食品の賞味期限

梅ぼしの賞味期限


梅ぼしの賞味期限は商品のパッケージに「賞味期限」として表示されていますが、一般的に減塩梅ぼしや はちみつ梅ぼしなどの調味梅ぼしは冷蔵保存で半年程度、昔ながらの製法で作られた塩分濃度の高い梅ぼしは数年の賞味期限が設定されているようです。
梅ぼしの賞味期限と効能についてまとめてあります。

梅ぼしの賞味期限 目次:

梅ぼしの栄養・塩分
梅ぼしのカロリー
梅ぼしの効能
・梅ぼしの循環器系への効能
・梅ぼしの消化器系への効能
・梅ぼしの免疫系への効能
・梅ぼしの呼吸器系への効能
・梅ぼしの感染症・抗菌への効能
・梅ぼしの癌(がん)への効能
・梅ぼしのその他の効能
梅ぼしの臨床試験での効能
梅ぼしの効能の科学的有効性
梅ぼしの賞味期限
梅ぼしの摂取量
梅ぼしの過剰摂取による副作用
梅ぼしの相互作用
梅ぼしの効能 参考文献
紀州梅ぼし(和歌山梅ぼし)ほか、おいしい梅ぼし&梅ぼしの賞味期限・効能・作り方(漬け方)・梅ぼしレシピ解説本☆通販

梅ぼしの栄養・塩分:

梅ぼしにはカリウム・カルシウム・食物繊維などの栄養が多く含まれています。
しかし梅ぼしにはこれらの栄養以外にも塩分が大変多く含まれています。そのため梅ぼしの食べすぎは高血圧の原因となりますのでご注意ください。
(標準的な梅ぼしの塩分は%程度ですが、実際の梅ぼしの塩分は商品によって大きく異なります)
※後述する血液サラサラ効能や殺菌効能などの梅ぼしの効能は、1日2個梅ぼしを摂取するだけでも十分得られるそうです。

梅ぼしのカロリー:

梅ぼしのカロリーは100gあたり33キロ カロリー、標準的な大きさの梅干1個あたり3キロ カロリーです。
※実際の梅ぼしのカロリーは商品によって差があります。特に、はちみつ等の甘みが添加された調味梅ぼしは酸味の強い梅ぼしに比べてカロリーが高くなります。

梅ぼしの効能:

梅ぼしには次のような効能が期待されています。

梅ぼしの循環器系への効能

・血液サラサラ効能

梅ぼしの消化器系への効能

・車酔いへの効能
・食欲不振への効能

梅ぼしの免疫系への効能

・梅ぼしに含まれるクエン酸・リンゴ酸・酒石酸などが血液を弱アルカリ性に保つことによる免疫力低下(免疫力を高める)への効能

梅ぼしの呼吸器への効能

・梅ぼしの黒焼きの咳止め効能

梅ぼしの感染症・抗菌への効能

・梅ぼしの黒焼きの風邪の症状への効能
・O-157や抗生物質の効かないMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)への殺菌効能

梅ぼしの癌(がん)への効能

・梅ぼしに含まれる酒石酸が癌の原因となる活性酸素の発生を抑制する効能

梅ぼしのその他の効能

・梅ぼしに含まれるクエン酸・リンゴ酸・酒石酸などが血液を弱アルカリ性に保つことによる老化防止への効能
・梅ぼしに含まれるクエン酸・リンゴ酸・酒石酸などが乳酸の分解を促進することによる疲労回復効能
・梅ぼしに含まれる酒石酸によるミネラルの吸収力を高める効能

梅ぼしの臨床試験での効能:

・大きめの梅ぼしを1,2個食べてから1時間後に血液検査を行ったところ、21人中20人の血液のサラサラ度がアップしていた

梅ぼしの効能の科学的有効性:

参考文献に梅ぼしの効能の科学的有効性を示すデータは見当たりませんでした。

梅ぼしの賞味期限:

梅ぼしの賞味期限は商品のパッケージに「賞味期限」として表示されていますが、一般的に減塩梅ぼしや はちみつ梅ぼしなどの調味梅ぼしは冷蔵保存で半年程度、昔ながらの製法で作られた塩分濃度の高い梅ぼしは数年の賞味期限が設定されているようです。
(一般的に塩分濃度が高い梅ぼしほど保存性が高まり賞味期限も長くなる傾向があります)
※私見ですが、確か昔の減塩梅ぼしや調味梅ぼしはもっと賞味期限が短かったような気が致します。
製造技術の発達で塩分濃度の低い梅ぼしでも賞味期限が長くなってきているのかもしれません。

梅ぼしの摂取量:

参考文献に梅ぼしの具体的な摂取量の基準は見当たりませんでした。

梅ぼしの摂取量上限(過剰摂取基準)・副作用:

参考文献に梅ぼしの摂取量上限(過剰摂取基準)の基準や副作用の記述は見当たりませんでしたが、梅ぼしの栄養・塩分の項でも述べましたように梅ぼしには塩分が非常に多く含まれているため、高血圧を予防する意味でも梅ぼしの過剰摂取は避けた方が賢明です。
(梅ぼしの効能は1日2個食べるだけで十分に得られます)

梅ぼしの相互作用:

参考文献に梅ぼしと薬・他の食品との相互作用についての記述は見当たりませんでした。

梅ぼしの効能 参考文献:

機能性食品素材便覧-特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで/薬事日報社
最新栄養成分事典/主婦の友社
健康食事典/朝日新聞社
五訂増補食品成分表

紀州梅ぼし(和歌山梅ぼし)ほか、おいしい梅ぼし☆通販
梅ぼしの効能・作り方(漬け方)・梅ぼしレシピ解説本