キャッツクロー ハーブ


キャッツクロー ハーブはアマゾン原産のハーブで癌・リウマチなどへの効能が期待されている健康食品でペルー奥地のアマゾンにしか生息しないため「幻の薬用ハーブ」と呼ばれています。
キャッツクロー ハーブの効能についてまとめてあります。

キャッツクロー ハーブ 目次:

キャッツクロー ハーブとは
幻の薬用ハーブ キャッツクロー ハーブ
キャッツクロー ハーブの名前の由来
キャッツクロー ハーブの成分
キャッツクロー ハーブの効能
・キャッツクロー ハーブの癌(がん)への効能
・キャッツクロー ハーブの筋肉・皮膚・関節への効能
・キャッツクロー ハーブの内分泌・代謝系への効能
・キャッツクロー ハーブの循環器・血管系への効能
・キャッツクロー ハーブの消化器系への効能
・キャッツクロー ハーブの神経系への効能
・キャッツクロー ハーブの免疫系への効能
・キャッツクロー ハーブの生殖器系への効能
・キャッツクロー ハーブの肝臓への効能
・キャッツクロー ハーブの膵臓への効能
・キャッツクロー ハーブの骨への効能
・キャッツクロー ハーブの泌尿器系への効能
・キャッツクロー ハーブの呼吸器系への効能
・キャッツクロー ハーブの感染症・抗菌・抗ウイルスへの効能
・キャッツクロー ハーブのその他の効能
キャッツクロー ハーブの臨床試験での効能
キャッツクロー ハーブの効能の科学的有効性
キャッツクロー ハーブの摂取量
キャッツクロー ハーブの摂取量上限(過剰摂取基準)・副作用・安全性
・キャッツクロー ハーブを摂取してはいけない人
・キャッツクロー ハーブの副作用
キャッツクロー ハーブの相互作用
・キャッツクロー ハーブの有害な相互作用
キャッツクロー ハーブの利用法
・キャッツクロー ハーブ茶
・キャッツクロー ハーブエキス
・キャッツクロー ハーブ粒
・キャッツクロー ハーブ サプリメント
・キャッツクロー ハーブクリーム
・治療用ハーブ
・生薬(漢方)
・キャッツクロー ハーブ飴
・キャッツクロー ハーブ ゼリー
キャッツクロー ハーブの効能 参考文献
MSMキャッツクローほか、キャッツクロー ハーブ サプリメント・キャッツクロー ハーブティー・キャッツクロー ハーブエキス・キャッツクロー ハーブクリーム・キャッツクロー ハーブ粒・キャッツクロー ハーブの効能 解説本☆通販

キャッツクロー ハーブとは:

キャッツクロー ハーブとはアマゾン原産のハーブで癌・リウマチ・関節炎などへの効能が期待されている健康食品です。
キャッツクロー ハーブは昔から南米ペルーのアマゾンの先住民の人々の間でリウマチ・関節炎や消化器・免疫系の病気の治療のための薬用ハーブとして使われてきました。

幻の薬用ハーブ キャッツクロー ハーブ:

キャッツクロー ハーブはペルー奥地のアマゾンにしか生息しないため「幻の薬用ハーブ」と呼ばれています。

キャッツクロー ハーブの名前の由来:

キャッツクロー ハーブの小枝から出る葉柄の付け根に猫の爪のような形の棘があり、現地のアマゾンの人がこのハーブのことを「猫の爪」と呼んでいたことがキャッツクロー ハーブの名前の由来とされています。

キャッツクロー ハーブの成分:

キャッツクロー ハーブには抗炎症作用*を示すキノブ酸グリコシドのほかに、アルカロイドのリンコフィリンやプテロポジン・イソプテロポジンなどの五環系オキシインドールアルカロイド (POAs) やウンカリンEなどの成分が含まれています。
*キャッツクロー ハーブは世界保健機構(WHO)において副作用の危険性のない抗炎症作用のあるハーブとして認められています。

キャッツクロー ハーブの効能:

キャッツクロー ハーブには次のような効能が期待されています。
(ただし必ずしも効能が科学的に確かめられているものばかりとは限りません)

キャッツクロー ハーブの癌(がん)への効能

・キャッツクロー ハーブの抗酸化物質としての効能・免疫力低下(免疫力を高める)の効能による癌、特に尿路のへの効能
・キャッツクロー ハーブの抽出物(キャッツクロー ハーブエキス)は癌細胞のアポトーシスを促進し白血病やリンパ腫の癌細胞の増殖を抑えるが正常細胞には影響を及ぼさないという予備的な知見がある
・肺癌(がん)への効能
・頸癌(がん)への効能

キャッツクロー ハーブの筋肉・皮膚・関節への効能

・リウマチ・関節炎への効能
・慢性関節リウマチ患者を対象とした臨床試験で関節リウマチの症状への緩やかな効能が示唆されている
・腫脹・浮腫への効能(抗炎症・鎮痛薬インドメタシンよりも高い効能があるとの報告もある)
・膝関節炎の症状改善への効能
・火傷(やけど)への効能

キャッツクロー ハーブの内分泌・代謝系への効能

・痛風の発作の炎症緩和への効能

キャッツクロー ハーブの循環器・血管系への効能

・キャッツクロー ハーブに含まれるリンコフィリンの毛細血管の拡張への効能
・キャッツクロー ハーブに含まれるリンコフィリンの高コレステロールへの効能(コレステロールを下げる効能)
・キャッツクロー ハーブに含まれるリンコフィリンの予防も含めた心臓病への効能
・高血圧への効能(血圧を下げる効能)

キャッツクロー ハーブの消化器系への効能

・胃潰瘍・十二指腸潰瘍などの消化性潰瘍への効能
・大腸炎への効能
・胃炎への効能
・痔への効能
胃の病気への効能

キャッツクロー ハーブの神経系への効能

トラウマ(心的外傷)への効能(ヒーリングへの効能)
・キャッツクロー ハーブに含まれるリンコフィリンの交感神経の活動を抑制することによるリラックスへの効能
・末梢神経の痛みへの効能
腰痛への効能
・神経痛への効能
偏頭痛(片頭痛)の痛みへの効能

キャッツクロー ハーブの免疫系への効能

・キャッツクロー ハーブエキスのマクロファージの貪食能力を活性化し抗変異活性を高める効能

キャッツクロー ハーブの生殖器系への効能

・避妊への効能

キャッツクロー ハーブの泌尿器系への効能

・キャッツクロー ハーブに含まれる成分の利尿への効能
・尿漏れなどの原因となる膀胱の収縮を抑制する効能

キャッツクロー ハーブの肝臓への効能

・肝炎への効能

キャッツクロー ハーブの膵臓への効能

・膵臓炎への効能

キャッツクロー ハーブの骨への効能

・骨の痛みへの効能

キャッツクロー ハーブの呼吸器系への効能

・喘息への効能
・気管支喘息への効能
・気管支炎への効能

キャッツクロー ハーブの感染症・抗菌・抗ウイルスの効能

・帯状疱疹(帯状ヘルペス)への効能
・単純ヘルペスへの効能
・エイズ(HIV)などのウイルス感染への効能
風邪インフルエンザへの免疫力を高める効能

キャッツクロー ハーブのその他の効能

・炎症への効能
・鎮痛薬としての効能

キャッツクロー ハーブの臨床試験での効能:

・膝関節炎患者に二重盲検試験でキャッツクロー ハーブを摂取させたところ副作用がなく効能が認められた
・慢性関節リウマチ患者の二重盲検試験でキャッツクロー ハーブに緩やかな効能が認められた

キャッツクロー ハーブの効能の科学的有効性:

効能の有効性レベルB(一つの信頼できる調査において効能の有効性を確認)
・関節炎への効能
機能性食品素材便覧-特定保健用食品からサプリメント・健康食品までによる評価
効能の有効性レベル3(効能の可能性が科学的に示唆)
・変形性関節症と呼ばれる種類の関節炎の痛みへの効能
・関節リウマチと呼ばれる種類の関節炎の小児における通常の関節リウマチ治療薬と併用した場合の症状改善への効能
健康食品のすべて-ナチュラルメディシン・データベース日本対応版/同文書院による評価

キャッツクロー ハーブの摂取量:

参考文献にキャッツクロー ハーブの具体的な摂取量の記述は見当たりませんでした。

キャッツクロー ハーブの摂取量上限(過剰摂取基準)・副作用・安全性:

参考文献にキャッツクロー ハーブの具体的な摂取量上限(過剰摂取基準)の記述は見当たりませんでした。
なおキャッツクロー ハーブには次のような安全性や副作用についての指摘があります。

キャッツクロー ハーブを摂取してはいけない人

次に該当する人はキャッツクロー ハーブを摂取してはいけないとされています。
・妊娠中・授乳中の女性
・低血圧
・多発性硬化症・狼そう・エイズ(HIV)などの自己免疫疾患

キャッツクロー ハーブの副作用

キャッツクロー ハーブには次のような副作用があることが知られています。
・低血圧
キャッツクロー ハーブの摂取により極まれに低血圧の副作用が生じることがあります。

キャッツクロー ハーブの相互作用:

キャッツクロー ハーブの有害な相互作用

キャッツクロー ハーブには次の薬・サプリメント・ハーブ・食品との間に有害な相互作用があることが知られています。
・高血圧治療薬(降圧薬)
キャッツクロー ハーブには血圧を下げる作用があると考えられています。そのため高血圧の治療などで高血圧治療薬(降圧薬)を服用している人がキャッツクロー ハーブを摂取すると血圧が下がりすぎて低血圧を引き起こす危険性があります。
高血圧治療薬(降圧薬)を服用している人がキャッツクロー ハーブを摂取する場合は必ず医師にご相談ください。
高血圧治療薬にはカプトプリル・エナラプリル・ロサルタン・バルサルタン・ジルチアゼム・アムロジピン・ヒドロクロロチアジド・フロセミドなどがあります。
・免疫抑制薬
キャッツクロー ハーブには免疫力をアップさせる作用があると考えられています。そのため免疫抑制薬を服用している人がキャッツクロー ハーブを摂取すると免疫抑制薬の治療効果を弱めてしまう危険性があります。
免疫抑制薬を服用している人がキャッツクロー ハーブを摂取する場合は必ず医師にご相談ください。
免疫抑制薬にはアザチオプリン・バシリキシマブ・シクロスポリン・ダクリズマブ・ムロモナブ-CD3・ミコフェノール酸・タクロリムス・シロリム・プレドニゾン・コルチコステロイドなどがあります。
・肝臓で代謝・分解されやすい薬(シトクロムP450 3A4(CYP3A4))
キャッツクロー ハーブは肝臓で代謝(分解)されやすいシトクロムP450 3A4に分類される薬(CYP3A4)の代謝を抑制し、薬の副作用を強める恐れがあります。
CYP3A4で代謝される薬を服用している人がキャッツクロー ハーブを摂取する場合は必ず医師にご相談ください。
シトクロムP450 3A4に分類される薬にはロバスタチン・ケトコナゾール・イトラコナゾール・フェキソフェナジン・トリアゾラムなどがあります。

キャッツクロー ハーブの利用法:

キャッツクロー ハーブには次のような利用法があります。

キャッツクロー ハーブティー

キャッツクロー ハーブの樹皮の内皮を乾燥させたお茶がハーブティー・健康茶として飲まれています(キャッツクロー ハーブティー)。

キャッツクロー ハーブエキス

キャッツクロー ハーブの抽出物がキャッツクロー ハーブエキスとして販売されています。

キャッツクロー ハーブ粒

キャッツクロー ハーブエキスを粒状にしたものがキャッツクロー ハーブ粒として販売されています。

キャッツクロー ハーブ サプリメント

主にリウマチの症状を改善する目的でキャッツクロー ハーブの根や樹皮から抽出されたキャッツクロー ハーブエキス(キャッツクロー ハーブ抽出物)がMSM・DHCなどからサプリメントとして販売されています*。
*関連サプリメント ブログ:
キャッツクロー サプリメント(作成中)

キャッツクロー ハーブクリーム

キャッツクロー ハーブ配合のクリームが販売されています(キャッツクロー ハーブクリーム)。

薬用ハーブ

キャッツクロー ハーブは昔から南米ペルーのアマゾンの先住民の人々の間でリウマチ・関節炎や消化器・免疫系の病気の治療のための薬用ハーブとして使われてきました。

生薬(漢方)

キャッツクロー ハーブの棘の部分が生薬(漢方)「釣藤鈎」の成分として使われています。

キャッツクロー ハーブ飴

キャッツクロー ハーブの飴が昔から南米ペルーのアマゾンの先住民の人々の間で親しまれてきました(キャッツクロー ハーブ飴)。

キャッツクロー ハーブ ゼリー

キャッツクロー ハーブのゼリーが昔から南米ペルーのアマゾンの先住民の人々の食されてきました(キャッツクロー ハーブ ゼリー)。

キャッツクロー ハーブの効能 参考文献:

機能性食品素材便覧-特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで/薬事日報社
健康食品のすべて-ナチュラルメディシン・データベース日本対応版/同文書院
ハーブの安全性ガイド/フレグランス・ジャーナル社
健康食事典/朝日新聞社


MSMキャッツクローほか、キャッツクロー ハーブ サプリメント・キャッツクロー ハーブティー・キャッツクロー ハーブエキス・キャッツクロー ハーブクリーム・キャッツクロー ハーブ粒☆通販
キャッツクロー ハーブの効能 解説本







キャッツクロー ハーブ」への4件のフィードバック

  1. 谷の真清水 投稿作成者

    海外では医薬品として認められているキャッツクローが、日本では認められていないのはなぜなのですか。

    返信
  2. 健康食品ブログ管理人

    谷の真清水さん
    コメントありがとうございます。

    ご質問の件ですが、日本ではキャッツクローに限らずハーブ全般が医薬品とは認められておらず、民間療法の扱いを受けていると思います。
    その一因として、イギリスやフランスなどではハーブ療法士などの国家資格が存在し、その有資格者が医療行為としてハーブによる治療を行っているのに対して、日本にはハーブに関する国家資格が存在しません。

    ですから今後もキャッツクローなどのハーブ類が医薬品として認定されるためには、少なくてもハーブ療法士などの国家資格が整備される必要があると考えられますが、健康保険事業の巨額の赤字を考えると、仮にそれが実現しても保険対象外になると予想しています。

    返信
    1. 谷の真清水 投稿作成者

      保険対象外とはさみしい予想ですね。(笑)
      せめて税金の医療費控除の対象になれば、年金暮らしの身にはありがたいのですが、、、、。
      年寄りの愚痴を聴いていただき、ありがとうございました。

      返信
      1. 健康食品ブログ管理人

        谷の真清水さん
        どう致しまして。今後とも、健康食品ブログを宜しくお願い致します。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。