健康食品ブログ トップページへ



ファイトケミカル

カルコンの「むくみ」への効果

カルコンの「むくみ」への効果:ネットでは明日葉に多く含まれるカルコンに体内の老廃物を排泄する作用があることから、むくみへの効果があるとの記事をよく見かけますが、効果の科学的検証はまだこれからのようです。カルコンの効果についてまとめてあります。
"カルコンの「むくみ」への効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

シネオールの効果

シネオールの効果:シネオールはローズマリー・ユーカリ・ニアウリ・カンファー(樟脳)などのハーブに多く含まれるファイトケミカルで、高血圧・高コレステロール・冷え症・不整脈などへの効果が期待されています。シネオールの効果についてまとめてあります。
"シネオールの効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

アマチャヅルのサポニンの効果

アマチャヅルのサポニンの効果:アマチャヅルにはジンセノサイド(ジンセノシド)というサポニンに分類されるファイトケミカルが多く含まれています。アマチャヅルに含まれるサポニンには高脂血症(脂質異常症)を予防する効果が期待されているようです。サポニンの効果ほか、アマチャヅルの効果についてまとめてあります。
"アマチャヅルのサポニンの効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

酵素ドリンク・酵素食品・酵素風呂…酵素の効果、徹底調査☆NHKあさイチ

NHK総合「あさイチ」で、最近話題の酵素ドリンク・酵素食品・酵素風呂など酵素の効果を徹底検証していましたので、その内容を簡単にまとめてみました。
"酵素ドリンク・酵素食品・酵素風呂…酵素の効果、徹底調査☆NHKあさイチ" のブログへ >>

@ファイトケミカル

アロエエモジン

アロエエモジンとはアロエの葉(皮)や葉の内部のジェル状物質(アロエジェル)およびセンナ・大黄などに多く含まれているアントラキノン系色素のファイトケミカルです。アロエエモジンには便秘・胃潰瘍への効能や抗ウイルス作用・殺菌作用などが期待されています。アロエエモジンの効能・副作用などについてまとめてあります。
"アロエエモジン" のブログへ >>

@ファイトケミカル

バルバロインとは

バルバロインとはアンスロン配糖体の一種で、アロエベラやキダチアロエ・アロエ アフリカーナなどのアロエに含まれるアロインの主成分でもあるファイトケミカルです。アロインに期待されている便秘への効能はこのバルバロインによる効能と考えられています。便秘への効能ほか、バルバロインの効能についてまとめてあります。
"バルバロインとは" のブログへ >>

@ファイトケミカル

アロインの育毛への効能

アロインの育毛への効能:アロエベラやキダチアロエなどのアロエに含まれるアロインは薄毛・脱毛の原因となる5αリダクターゼという酵素の作用を阻害することによる育毛への効能が期待されているファイトケミカルです。育毛への効能ほか、アロインの効能についてまとめてあります。
"アロインの育毛への効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファセオラミン・ファビノールの効果

ファセオラミン・ファビノールの効果:ファセオラミン・ファビノールとは白いんげん豆に多く含まれる成分で、炭水化物の吸収を阻害する作用があるため、肥満の人のダイエット効果が期待されているファイトケミカルです。ファセオラミン・ファビノールの効果についてまとめてあります。
"ファセオラミン・ファビノールの効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ウコン クルクミンの効能

ウコン クルクミンの効能:ウコン クルクミンはウコンに含まれるポリフェノールで、肝臓の病気・アルツハイマー病・アルコールの大量摂取を原因とした病気などへの効能が期待されているファイトケミカルです。ウコン クルクミンの効能についてまとめてあります。
"ウコン クルクミンの効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

シリマリンとは

シリマリンとはマリアアザミ(ミルクシスル)やオオヒレアザミの種子に含まれるフラボノイドの一種で肝臓の病気への効能が期待されているファイトケミカルです。シリマリンの効能・副作用などについてまとめてあります。
"シリマリンとは" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファビノールのタイミング

ファビノールのタイミング:ファビノールの飲むタイミングは、ファビノールの糖質・炭水化物の吸収を抑えるダイエット効果を考慮しますと食前が適当と思われます。ファビノールのタイミングやファビノールの効果についてまとめてあります。
"ファビノールのタイミング" のブログへ >>

@ファイトケミカル

アロエベラ アロイン

アロエベラ アロインの効能:アロエベラ アロインとはアロエベラに含まれるアンスロン配糖体を主成分とする栄養成分・ファイトケミカルで、便秘や胃潰瘍などの胃の病気への効能が期待されています。アロエベラ アロインの効能についてまとめてあります。
"アロエベラ アロイン" のブログへ >>

@ファイトケミカル

アロエ アロイン

アロエ アロインの効能:アロエ アロインとはアロエベラやキダチアロエなどのアロエに含まれるアンスロン配糖体を主成分とする栄養成分・ファイトケミカルで、便秘や胃潰瘍などの胃の病気への効能が期待されています。アロエ アロインの効能についてまとめてあります。
"アロエ アロイン" のブログへ >>

@ファイトケミカル

シリマリンの効果

シリマリンの効果:シリマリンはマリアアザミ(ミルクシスル)やオオヒレアザミの種子に含まれるフラボノイドの一種で肝臓の病気への効果が期待されているファイトケミカルです。シリマリンの効果についてまとめてあります。
"シリマリンの効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

シリマリンの肝臓への効能

シリマリンの肝臓への効能:シリマリンはフラボノイドの一種で脂肪肝・肝硬変などの肝臓の病気への効能が期待されているファイトケミカルです。肝臓への効能ほか、シリマリンの効能についてまとめてあります。
"シリマリンの肝臓への効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

エルダーフラワーの成分

エルダーフラワーの成分:エルダーフラワーは実にビタミンA・ビタミンCなどのビタミンや目の健康に良いとされる色素成分のアントシアニンというファイトケミカルが多く含まれているハーブです。エルダーフラワーの成分と効能についてまとめてあります。
"エルダーフラワーの成分" のブログへ >>

@ファイトケミカル

カルコンのセルライトへの効能

カルコンのセルライトへの効能:明日葉に多く含まれるカルコンはセルライトへの効能が期待されているポリフェノール・フラボノイドに分類されるファイトケミカルです。ただしカルコンのセルライトへの効能の科学的有効性については現在までのところまだ十分には実証されていないようです。
"カルコンのセルライトへの効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

シリマリンの効能

シリマリンの効能:シリマリンはマリアアザミ(ミルクシスル)やオオヒレアザミの種子に含まれるフラボノイドの一種で肝臓の病気への効能が期待されているファイトケミカルです。シリマリンの効能についてまとめてあります。
"シリマリンの効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファビノールの便秘解消効果

ファビノールの便秘解消効果:ファビノールは便秘解消効果が期待されているファイトケミカルですが、今のところファビノールの便秘解消効果の科学的有効性については未知数のようです。ファビノールの効果についてまとめてあります。
"ファビノールの便秘解消効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

アロインとは

アロインとはアロエベラやキダチアロエなどのアロエに含まれるアンスロン配糖体を主成分とする栄養成分・ファイトケミカルで、便秘や胃潰瘍などの胃の病気への効能が期待されています。アロインの効能についてまとめてあります。
"アロインとは" のブログへ >>

@ファイトケミカル

カルコンの効果

カルコンは明日葉に多く含まれ癌(がん)・ダイエットなどへの効果が期待されているポリフェノール・フラボノイドに分類されるファイトケミカル・栄養成分です。カルコンの効果についてまとめてあります。
"カルコンの効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

カルコンの効能

カルコンの効能:カルコンは明日葉に多く含まれ癌(がん)・ダイエットなどへの効能が期待されているポリフェノール・フラボノイドに分類されるファイトケミカル・栄養成分です。 カルコンの効能についてまとめてあります。
"カルコンの効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

シネオールの効能

シネオールはローズマリーに多く含まれるファイトケミカルで、高血圧・高コレステロール・冷え症・不整脈などへの効能が期待されています。シネオールの効能についてまとめてあります。
"シネオールの効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

梅肉のムメフラール

梅肉のムメフラールは血液サラサラの効能が期待されているファイトケミカルです。ムメフラールは梅肉独自の成分で梅や梅干には含まれていません。梅肉のムメフラールの効能についてまとめてあります。
"梅肉のムメフラール" のブログへ >>

@ファイトケミカル

梅エキスのムメフラール

梅エキスのムメフラールは梅エキス独自の成分で血液サラサラの効能が期待されているファイトケミカルです。梅エキスのムメフラールの効能についてまとめてあります。
"梅エキスのムメフラール" のブログへ >>

@ファイトケミカル

梅肉エキスのムメフラール

梅肉エキスのムメフラールは梅肉エキス独自の成分で、血液サラサラの効能が期待されているファイトケミカルです。梅肉エキスのムメフラールの効能についてまとめてあります。
"梅肉エキスのムメフラール" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ムメフラールとは

ムメフラールとは梅肉エキス独自の成分で血液サラサラの効能が期待されているファイトケミカルです。
"ムメフラールとは" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ムメフラールの効果

ムメフラールの効果:ムメフラールは梅肉エキス独自の成分で血液サラサラ効果が期待されているファイトケミカルです。ムメフラールの効果についてまとめてあります。
"ムメフラールの効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ムメフラールの効能

ムメフラールの効能:ムメフラールは梅肉エキス独自の成分で血液サラサラの効能が期待されているファイトケミカルです。ムメフラールの効能についてまとめてあります。
"ムメフラールの効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

シネオールとは

シネオールとはローズマリーに多く含まれるファイトケミカルで、高血圧・高コレステロール・冷え症・不整脈への効能が期待されています。
"シネオールとは" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファビノールの糖尿病への効果

ファビノールの糖尿病への効果:ファビノールとは白いんげん豆に多く含まれる成分で、炭水化物の吸収を阻害する作用があるため、食後血糖値の上昇を抑えることによる糖尿病への効果が期待されているファイトケミカルです。糖尿病への効果ほかファビノールの効果についてまとめてあります。
"ファビノールの糖尿病への効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファセオラミンの摂取量

ファセオラミンの摂取量:ダイエット効果をはじめとしたファセオラミンの効果が期待される摂取量は1日500mg以上と考えられています。市販のファセオラミン サプリメントは大体この摂取量基準を満たしているようです。ファセオラミンの摂取量と効果についてまとめてあります。
"ファセオラミンの摂取量" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファセオラミンとは

ファセオラミンとは白いんげん豆に多く含まれる成分で、炭水化物の吸収を阻害する作用があるため、肥満の人のダイエット効果が期待されているファイトケミカルです。
"ファセオラミンとは" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファビノールの飲み方

ファビノールの飲み方は、ファビノールの糖質・炭水化物の吸収を抑えるダイエット効果を考慮しますと食前に飲む飲み方が適当と思われます。ファビノールの飲み方と効果についてまとめてあります。
"ファビノールの飲み方" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファビノールの飲むタイミング

ファビノールの飲むタイミングは、ファビノールの糖質・炭水化物の吸収を抑えるダイエット効果を考慮しますと食前が適当と思われます。ファビノールの飲むタイミングやファビノールの効果についてまとめてあります。
"ファビノールの飲むタイミング" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファセオラミンの飲み方

ファセオラミンの飲み方は、ファセオラミンの炭水化物の吸収を抑えるダイエット効果を考慮しますと食前に飲む飲み方が適当と思われます。ファセオラミンの飲み方と効果についてまとめてあります。
"ファセオラミンの飲み方" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファセオラミンの飲むタイミング

ファセオラミンの飲むタイミングは、ファセオラミンの炭水化物の吸収を抑えるダイエット効果を考慮しますと食前が適当と思われます。
"ファセオラミンの飲むタイミング" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファビノールとは

ファビノールとは白いんげん豆に多く含まれる成分で、炭水化物の吸収を阻害する作用があるため、肥満の人のダイエット効果が期待されているファイトケミカルです。ファビノールの効果・効能についてまとめてあります。
"ファビノールとは" のブログへ >>

@ファイトケミカル

オレウロペインの効能・効果

オレウロペインとはオリーブの葉に含まれるポリフェノールで、血圧を下げる・血糖値を下げるなどの様々な効能・効果が期待されているファイトケミカルです。
"オレウロペインの効能・効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファビノールの効果

ファビノールの効果:ファビノールとは白いんげん豆に多く含まれる成分で、炭水化物の吸収を阻害する作用があるため、肥満の人のダイエット効果が期待されているファイトケミカルです。ファビノールの効果についてまとめてあります。
"ファビノールの効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ファセオラミンの効果

ファセオラミンの効果:ファセオラミンとは白いんげん豆に多く含まれる成分で、炭水化物の吸収を阻害する作用があるため、肥満の人のダイエット効果が期待されているファイトケミカルです。ファセオラミンの効果についてまとめてあります。
"ファセオラミンの効果" のブログへ >>

@ファイトケミカル

金ごま@抗酸化物質セサミン☆そのまま食べても美味しい♪

そのまま食べても美味しい金ごま♪ ごまは、ファイトケミカルの一種のセサミンの健康効果が話題になった頃からのお付き合い☆ と言っても、料理をしない私は…そのまま食...
"金ごま@抗酸化物質セサミン☆そのまま食べても美味しい♪" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ルチンは そば湯にあり

そば・そば湯にはフラボノイド(化学構造上、ポリフェノールにも分類)の一種でルチンと呼ばれるファイトケミカルが豊富に含まれています。ルチンは毛細血管の老化を防ぐ働きがあることで知られています。「人間は血管と共に老いる」と言われていますので、ルチンを豊富に含む そば・そば湯 は積極的に食べたい健康食品の一つです。
"ルチンは そば湯にあり" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ブルーベリーの効果・栄養

ブルーベリーは食物繊維が豊富な果物です。ブルーベリージャムも、生のブルーベリーと同等の栄養があります。またワイルドブルーベリー(野生種のブルーベリー・ビルベリー)には、目の健康に効果が期待できるファイトケミカル、アントシアニンが豊富に含まれています。
"ブルーベリーの効果・栄養" のブログへ >>

@ファイトケミカル

ウコンの効能

ウコンの効能:ウコンはインド原産のしょうが科の多年草植物で、ウコンと名のつくものには春ウコン・秋ウコン*・紫ウコン(ガジュツ)・ジャワ ウコンなどがあります。ウコンに含まれるファイトケミカルの一種、クルクミンに抗酸化作用・肝臓機能強化の効能が期待されるスパイスです。
"ウコンの効能" のブログへ >>

@ファイトケミカル

セロリの栄養

セロリはカリウムが豊富な野菜ですが、香り成分にもさまざまな抗酸化栄養素が含まれています。複数の鎮静作用を持つ成分により、イライラや頭痛を緩和させる効果があると考えられています。
"セロリの栄養" のブログへ >>

@ファイトケミカル