健康食品ブログ トップページへ



オートミールの効果

オートミールの効果:オートミールは食物繊維などの栄養を豊富に含み総コレステロールを下げる・血糖値を下げるなどの効果が期待されている健康食品です。
総コレステロールを下げる・血糖値を下げる効果のほか、オートミールの効果についてまとめてあります。

オートミールの効果 目次:

オートミールとは
オートミールの栄養素
オートミールのカロリー
オートミールの効果
・オートミールの循環器系への効果
・オートミールの消化器系への効果
・オートミールの神経系への効果
・オートミールの内分泌系への効果
・オートミールの泌尿器系への効果
・オートミールの胆のうへの効果
・オートミールの皮膚への効果
・オートミールの呼吸器系への効果
・オートミールの感染症への効果
・オートミールの癌(がん)への効果
・オートミールのその他の効果
オートミールの臨床試験での効果
オートミールの効果の科学的有効性
オートミールの摂取量
オートミールの摂取量上限(過剰摂取基準)・副作用・安全性
・オートミールを摂取してはいけない人
・オートミールの摂取に当たって注意が必要な人
・オートミール アレルギー
オートミールの相互作用
オートミールの用途
・オートミールの食品としての用途
・オートミールの食品以外の用途
オートミールの効果・栄養素・カロリー 参考文献
雪印乳業クェーカー(クエーカー)ほか、人気オートミール&オートミール スクラブ・オートミール石鹸・オートミール入浴剤・オートミール シャンプー・オートミール リンス・オートミール コンディショナー・犬用オートミール シャンプーほか、オートミール ヘアケア・スキンケア商品&オートミールの効果・栄養素・オートミール料理・お菓子(デザート)レシピ解説本☆通販

オートミールとは:

オートミールとはオーツ麦(オート麦・燕麦)を脱穀後に蒸して押しつぶした食品で、ビタミンB群・ミネラル・食物繊維などの栄養素が大変豊富な健康食品です。

*オートミール関連健康食品ブログ:
オーツ麦の栄養
オート麦の栄養
燕麦の栄養

※アメリカ以外の国ではオートミールとはオーツ麦を小麦粉のように粉にした食品を指すようです。



オートミールの栄養素:

オートミールにはビタミンB群・ミネラル・食物繊維、特に
ビタミンB1・パントテン酸・カリウム・マグネシウム・鉄分・亜鉛・銅や食物繊維ファイトケミカルのサポニン・アルカロイド・ステロール・フラボノイドなどの栄養素が多く含まれています。


オートミールのカロリー:

オートミールのカロリーは次のとおりです。

オートミール100gあたりのカロリー 380キロ カロリー
オートミール1カップ80gあたりのカロリー 304キロ カロリー

オートミールのカロリーは他の穀物に比べてタンパク質と脂肪が多いため、カロリーは若干高くなっています。



オートミールの効果:

オートミールには次のような効果が期待されています。
(ただし必ずしも効果が科学的に確かめられているものばかりとは限りません)

オートミールの循環器系への効果

・心臓血管系の不調への効果
・心臓の強壮薬としての効果
・高コレステロール血症への効果

オートミールの消化器系への効果

便秘への効果
下痢への効果

オートミールの神経系への効果

うつ病・神経衰弱への効果
・鎮静薬としての効果
・ノイローゼ(神経症・不安障害)や抑うつへの効果

オートミールの内分泌系への効果

・2型糖尿病への効果
・尿酸値を下げる効果

オートミールの泌尿器系への効果

・腎臓の不調への効果
・利尿薬としての効果

オートミールの胆のうへの効果

・胆のうの不調への効果

オートミールの皮膚への効果

・リウマチへの効果
・オートミールの茎の外用での皮膚炎、特に脂漏性皮膚炎の「かゆみ」への効果
・湿疹への効果
・漆かぶれへの効果
・口唇ヘルペスへの効果
・日焼けへの効果
・水痘への効果

オートミールの呼吸器系への効果

・喉や肺の不調への効果

オートミールの感染症への効果

・水疱瘡への効果

オートミールの癌(がん)への効果

への効果

オートミールのその他の効果

・肉体疲労への効果
・病後の衰弱への効果
・ニコチン中毒への効果



オートミールの臨床試験での効果:

・高脂血症患者にオートミールを6週間摂取させたところ、総コレステロール値・LDLコレステロール(悪玉コレステロール)値が有意に低下した



オートミールの効果の科学的有効性:

効果の有効性レベルA(複数の信頼できる調査において有効性を確認)

・高コレステロールへの効果

効果の有効性レベルB(一つの信頼できる調査において有効性を確認)

・高血糖への効果

機能性食品素材便覧-特定保健用食品からサプリメント・健康食品までによる評価

効果の有効性レベル3(効果の可能性が科学的に示唆)

糖尿病の人の血糖値を下げる効果
・胃癌の予防への効果

健康食品のすべて-ナチュラルメディシン・データベース日本対応版/同文書院による評価



オートミールの摂取量:

参考文献にオートミールの具体的な摂取量の基準は見当たりませんでした。


オートミールの摂取量上限(過剰摂取基準)・副作用・安全性:

参考文献にオートミールの具体的な摂取量上限(過剰摂取基準)の記述は見当たりませんでしたが過剰摂取すると次のような副作用を生じる恐れがあります。

・腹部膨張感
・排便回数の過度の増加

オートミールを摂取してはいけない人

また次に該当する人はオートミールを摂取してはならないとされています。
・腸などの消化管に障害のある人

オートミールの摂取に当たって注意が必要な人

また次に該当する人はオートミールの摂取に当たって注意が必要とされています。
・嚥下障害のある人

オートミール アレルギー

また、まれにオートミールに含まれるグルテンに対してアレルギーを起こす人がいるそうです。
(ただしオートミールに含まれるグルテンは少量のため、一般的に小麦ほど酷いアレルギー症状にはならないようです)



オートミールの相互作用:

オートミールには次のような相互作用があることが知られています。

・薬
オートミールおよび・オートミールふすまに豊富に含まれる食物繊維が薬の吸収率を低下させ、薬の治療効果を弱めることがあります。



オートミールの用途:

オートミールには
ビタミン・ミネラル・食物繊維・ファイトケミカルなどの栄養素が豊富に含まれているためシリアルやグラノーラの材料や、パン(オートミール パン)の材料として使われるほか、皮膚炎への効果を期待して石けん・入浴剤の原料として使われるなど、オートミールの用途は多岐にわたっています。
オートミールには次のような用途があるようです。

オートミールの食品としての用途:

オートミール シリアル・オートミール グラノーラ・オートミール ミューズリー・オートミールクッキー*・オートミール ココア クッキー・オートミール バナナ クッキー・オートミールおかゆ(お粥)・オートミールお茶漬け・オートミールお好み焼き・オートミール カレー・オートミール カップスープ・オートミール ケーキ・オートミール コーンフレーク・オートミール牛乳・オートミール グラタン・オートミールご飯・オートミール食パン・オートミール スコーン・オートミール スープ・オートミールをそのまま食べる・オートミール豆乳・オートミール納豆・オートミール ハンバーグ・オートミール ホットケーキ(オートミール ホットケーキミックス)・オートミール パン・オートミール ビスコッティ・オートミール ブラウンシュガー・オートミール マフィン・オートミール ヨーグルト・オートミール リゾット・オートミール レーズン、その他にもオートミール料理やオートミールのお菓子(オートミール デザート)はまだまだあります。

*オートミール関連健康食品ブログ:
オートミールクッキー

オートミールの食品以外の用途:

またオートミールには食品以外の用途にも使われています。オートミールには次のような用途があります。

オートミール スクラブ・オートミール石鹸・オートミール入浴剤(オートミール風呂)・オートミール シャンプー・オートミール リンス・オートミール コンディショナー・犬用オートミール シャンプー・オートミールの外皮(オーツブラン)配合サプリメント*・健康食品など。

*オートミール関連サプリメント・健康食品ブログ:
オートミール サプリメント(作成中)



オートミールの効果・栄養素 参考文献:

機能性食品素材便覧-特定保健用食品からサプリメント・健康食品まで/薬事日報社
健康食品のすべて-ナチュラルメディシン・データベース日本対応版/同文書院
ハーブの安全性ガイド/フレグランス・ジャーナル社
五訂増補食品成分表

雪印乳業クェーカー(クエーカー)ほか、人気オートミール☆通販

オートミール スクラブ・オートミール石鹸・オートミール入浴剤・オートミール シャンプー・オートミール リンス・オートミール コンディショナー・犬用オートミール シャンプーほか、オートミール ヘアケア・スキンケア商品☆通販

オートミールの効果・栄養素・オートミール料理・お菓子(デザート)レシピ解説本



Twitterに連動させていますので、フォローしていただくと更新通知をTLでご覧いただけます。


健康食品 , 食物繊維食品


"オートミールの効果"へのコメント

「オートミールの効果」にコメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)