健康食品ブログ トップページへ



シナモンの効果

シナモンの効果:シナモンは糖尿病による血糖値の上昇を抑える効果や老化防止の効果が期待されているスパイスです。
血糖値の上昇を抑える・老化防止の効果のほか、シナモンの効果についてまとめてあります。

シナモンの効果 目次:

シナモンとは
シナモンの効果
・シナモンの循環器系への効果
・シナモンの消化器系への効果
・シナモンの神経系への効果
・シナモンの内分泌・代謝系への効果
・シナモンの泌尿器系への効果
・シナモンの肌への効果
・シナモンの骨への効果
・シナモンの関節への効果
・シナモンのアレルギーへの効果
・シナモンの免疫力への効果
・シナモンの感染症への効果
・シナモンの殺菌・抗菌への効果
・シナモンの生殖器系への効果
・シナモンの癌(がん)への効果
・シナモンのその他の効果
シナモンの効果の科学的有効性
シナモンの安全性・過剰摂取による副作用
・シナモンエキス・シナモン錠剤・シナモン サプリメントを摂取してはいけない人
(スパイスとしてシナモンを摂取する限りは妊娠中の方でも安全です) ・シナモンの過剰摂取による副作用
シナモンの摂取量目安
シナモンの薬物との相互作用
シナモンの用途
・スパイス
・漢方
・医薬品
・アロマオイル
シナモンの栄養
シナモンの効果 参考文献
シナモンパウダー・シナモンシュガー・シナモン配合ハーブサプリメント・シナモン入り健康茶・シナモンロールほか、シナモンのお菓子・シナモンのお菓子レシピ本・シナモン料理レシピ本・シナモンの効果 解説本☆通販

シナモンとは:

シナモンとは桂皮・肉桂*とも呼ばれる熱帯に生育するクスノキ科の常緑樹で、生薬に配合されたり、樹皮がスパイスとして料理やお菓子などに利用されています。
シナモンは糖尿病・高血糖の人の血糖値を下げる効能のほか、最近は毛細血管の老化防止への効果が期待されている健康食品です。

*関連健康食品ブログ:
桂皮の効能
肉桂の効能






シナモンの効果:

シナモンには、効果が未知数なものも含めて次のような効果が期待されています。



シナモンの循環器・血管系への効果

・毛細血管を刺激することにより毛細血管の血行を促進する効果(毛細血管の血行不良改善への効果)

・高血圧の改善効果

・シナモンエキス(シナモン抽出物)の血栓予防効果

・毛細血管の血行促進による冷え・冷え性の改善効果

・血管がもろくなるのを防ぐTie2(タイツー)*という成分を活性化させることによる血管・毛細血管の老化防止効果

・血管がもろくなるのを防ぐTie2(タイツー)という成分を活性化させることによる血管・毛細血管を丈夫にする効果

・止血効果(出血への効果)

*関連成分ブログ:
Tie2とは(作成中)

シナモンの消化器系への効果

・胃を丈夫にする効果
・食欲増進効果(食欲不振への効果)
下痢の治療・予防効果
・吐き気の予防効果
・嘔吐の予防効果
・腸内ガスの排出促進効果(お腹の張りへの効果)
・腸の蠕動運動促進作用による便秘解消効果
・胃痙攣・痙攣性便秘など消化器官の痙攣を抑える効果

シナモンの神経系への効果

・鎮静効果(神経の興奮を鎮めリラックスさせる効果)
・鎮痛効果(痛みの病気・症状への効果)
・シナモンエキス(シナモン抽出物)の解熱効果(発熱への効果)
・シナモンおよびシナモンオイル(シナモン精油)に含まれるシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)の睡眠時間延長効果
・シナモンおよびシナモンオイル(シナモン精油)に含まれるシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)の解熱効果(発熱への効果)
・シナモンおよびシナモンオイル(シナモン精油)に含まれるシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)の鎮静効果(神経の興奮を鎮めリラックスさせる効果)
・シナモンおよびシナモンエキスの配合された漢方の頭痛への効果
・シナモンおよびシナモンエキスの配合された漢方の体の痛みへの効果
・痙攣を抑える効果

*関連成分ブログ:
シンナムアルデヒド(作成中)

シナモンの内分泌・代謝系への効果

・血糖値降下作用による糖尿病などの高血糖改善効果

シナモンの泌尿器系への効果

・腎機能障害への効果
・尿失禁・夜尿症への効果

シナモンの肌への効果

・毛細血管の老化防止効果によるシミ・シワの予防効果
・毛細血管の老化防止効果による薄毛の予防効果

シナモンの骨への効果

・毛細血管の老化防止効果による骨粗しょう症の予防効果

シナモンの関節への効果

・関節痛への効果
・リウマチの症状緩和への効果

シナモンのアレルギーへの効果

・シナモンエキスのアレルギー症状を抑える効果

シナモンの免疫力への効果

・シナモンエキスの免疫力を高める効果

シナモンの感染症への効果

風邪の症状への効果
・扁桃炎(扁桃腺の腫れ)への効果
・のぼせへの効果
・感染症の予防効果

シナモンの殺菌・抗菌への効果

・シナモンおよびシナモンオイル(シナモン精油)に含まれるシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)の大腸菌・カンジダ菌への殺菌効果

シナモンの生殖器系への効果

・精力減退への効果
・ED(勃起不全)への効果
・睾丸ヘルニアへの効果
・月経痛を和らげる効果
・更年期障害への効果
・無月経への効果
・ピル(人工妊娠中絶薬)としての効果

シナモンの癌(がん)への効果

癌(がん)への効果

シナモンのその他の効果

・毛細血管の老化防止効果による「むくみ」の予防効果
・水分代謝を調節する作用による「むくみ」への効果
・発汗を促す効果



シナモンの効果の科学的有効性:

有効性レベル3(効くかもしれない)

2型
糖尿病の高血糖改善効果

上記以外のシナモンの効果については疫学調査などのデータが不足しているため未知数です。

健康食品のすべて-ナチュラルメディシン・データベース日本対応版/同文書院による評価



シナモンの安全性・過剰摂取による副作用:

シナモンをスパイスなど食品として摂取する限りではほとんどの方に安全ですが、シナモンオイル(シナモン精油)については内服・皮膚への直接塗布ともに安全ではありません

シナモンエキス・シナモン錠剤・シナモン サプリメントを摂取してはいけない人

・妊娠中の女性はシナモンエキス・シナモン錠剤・シナモン サプリメントを摂取してはいけないとされています。 (ただしシナモンパウダー*・シナモン スティックなど、シナモンをスパイスとして摂取する限りでは妊娠中の女性にも安全です)

*関連健康食品ブログ:
シナモンパウダーの効能

・心臓病の人がシナモンを摂取すると心臓に悪影響を与えることがあります。
現時点ではシナモンの心臓への悪影響についての作用機序は明らかとはなっていませんが、作用機序が明らかになるまでは心臓病の人はシナモンの摂取を控えるか、注意して摂取することとされています。

・シナモンやペルーバルサムにアレルギーのある人はシナモンを摂取してはいけません。

シナモンの過剰摂取による副作用

具体的な過剰摂取の基準は明らかではありませんがシナモンを過剰摂取すると肝機能障害などの肝臓の病気を引き起こす危険性があります。
ですからシナモンは料理やお菓子にスパイスとして利用するか、カフェラテ等にシナモンパウダーをトッピングするときはシナモンの摂取量目安の補足にありますように0.6g(シナモンパウダーの瓶を6振りが目安)の摂取に留めた方が安全と考えられます。



シナモンの摂取量目安:

今のところシナモンの摂取量の目安については確かな基準はありません。

※その後TBS「はなまるマーケット」のシナモン特集で、シナモンの摂取量の目安について紹介されていました。
大阪大学 微生物病研究所の高倉伸幸氏によれば、毛細血管の老化防止の効果が期待できるシナモンの1日の摂取量は0.6g、摂取量の目安としてはシナモンパウダーの瓶を一振りで0.1gのシナモンに相当するとのことでした。



シナモンの薬物との相互作用:

シナモンには次の薬との相互作用があることが知られています。

・糖尿病治療薬
糖尿病の治療で血糖降下薬を服用している場合は、シナモンを摂取すると血糖値が下がり過ぎるおそれがありますので、糖尿病の治療中の方がシナモンを摂取する場合はあらかじめ病院・薬局にご相談ください。

・高血圧治療薬
高血圧の治療で血圧降下薬を服用している場合は、シナモンを摂取すると血圧が下がり過ぎるおそれがありますので、高血圧の治療中の方がシナモンを摂取する場合はあらかじめ病院・薬局にご相談ください。



シナモンの用途:

スパイス

シナモンは主にお菓子や紅茶・カレーなどの香りづけとして利用されており、アップルパイやドーナツには欠かせないスパイスです。

スパイスとしての利用例

アップルパイ、シナモンドーナツ、シナモンベーグル、シナモントースト、バナナ シナモントースト、シナモンパン、シナモンカレー、ソース、シナモンクッキー、シナモンプリン、チャイ、シナモンティー、カプチーノ*、シナモンココア、シナモンケーキ、シナモンシュガー、アップル シナモンジャム、シナモンスティック、シナモン肉まん、シナモンはちみつ、シナモンホットケーキミックス、シナモンミルク、シナモンミルクティー、シナモン モカ、シナモンヨーグルト、シナモン八橋、シナモン離乳食、シナモンリキュールなどなど、シナモンのスパイスとしての食べ方は多岐にわたります。

※最近はシナモンロールというロールケーキが人気のようです♪

*私もカプチーノに入れるためにシナモンパウダーを持ち歩いています。成城石井S&B オーガニック スパイスハーブのシナモンパウダーをよく買います。

漢方

シナモンは中国では桂皮と呼ばれ、生薬として多くの漢方に配合されています。冷え性・食欲不振などの改善に用いられています。

医薬品

シナモンは胃腸薬・咳止め・滋養強壮剤などの成分としても使われています。

アロマオイル

樹皮に含まれるオイルをシナモンオイルとしてアロマセラピーに用いることがありますが、刺激が強いため使用に当たっては注意が必要です。



シナモンの栄養:

シナモンはミネラル、特にカルシウム・鉄分・マンガンを大変多く含む食品ですが、摂取量が非常に少ないため五大栄養素摂取の観点からはあまり助けになりません。
むしろ、その香り成分に含まれているファイトケミカルの健康維持・増進効果が注目されている食品です。

特にプロアントシアニジンと呼ばれるポリフェノール系のファイトケミカルにインスリン様の血糖値降下作用があることから、糖尿病など高血糖疾患の治療効果に期待が寄せられています。



シナモンの効果 参考文献:

機能性食品素材便覧/薬事日報社
健康食品のすべて-ナチュラルメディシン・データベース日本対応版/同文書院

シナモンパウダー・シナモンシュガー@通販

シナモン・シナモン配合ハーブサプリメント@通販

シナモン入り健康茶@通販

シナモンの効果 解説本

アップルパイ・シナモンロールほか、シナモンのお菓子@お取寄せ♪

シナモンのお菓子レシピ本♪

シナモン料理レシピ本♪



Twitterに連動させていますので、フォローしていただくと更新通知をTLでご覧いただけます。


スパイス


"シナモンの効果"へのコメント

「シナモンの効果」にコメントしてください




保存しますか?

(書式を変更するような一部のHTMLタグを使うことができます)